フランス妊娠出産

フランスで出産してよかったと思う5つの理由

スポンサーリンク

こんにちは!マーモットです。

 

フランスに住んでいたり配偶者がフランス人だと、日本で産むかフランスで産むか考えること、あるのではないでしょうか。

また、フランスで産もうと考えていて、フランスの出産・医療制度についてあまり知らずに、どうなんだろう?と情報を探している人もいると思います。

 

私も、第一子は日本で妊娠して、日本で産むかフランスで産むか相当迷いました。何しろ、フランスのことなんて知識ゼロだったので(汗)。

 そして最終的にフランスで出産することにし、結果フランスの妊娠出産に関する環境にすごく満足することができました!

 

そこで今回は、私が実際に体験して感じたフランスで出産して良かったポイントを5つに分けて紹介したいと思います。

フランスで出産してよかったと思う理由① 充実した社会保障

妊娠出産に関わる費用はほぼ無料

フランスでは、妊娠検診やエコー検査、出産費用は、ほぼ全て社会保障Sécurité sociale(セキュリテ ソシアル)、以後Sécu(セキュ)「Mutuel(ミュチュエル)」(相互共済)で賄うことができます。

普通セキュの保障は医療費の70%で、ミュチュエル基本的に残りの30%をカバーします。またミュチュエルは、掛け金を高くすれば保障範囲も広がり、種類によってはコンタクトや眼鏡、整体なども保障されます。

例えば、全3回のエコー検査は、1、2回目は70%、3回目は100%セキュで保障され、残りはミュチュエルでカバーされます。(個人が契約するミュチュエルの種類によって返金額が変わります)

出生前診断も、最近セキュでカバーされ、無料で受けられるように変わりました。

 

 つまり、理論的には妊娠出産に特別お金が要りませんここで理論的にはといった理由は、なかなか返金してもらえないことがあるからです。

 フランスでは、日本のシステマティックでスムーズな対応を期待できません。

実際に私も返金がうまくいかなかったものは、何度も医療機関、保険屋に電話をして足を運んで返金してもらえるように頑張っていたのですが、たらい回しにされるだけで結局返金されないままになりました。

 給付金

他には、「誕生給付金(prime de naissance)」があります。2018年のこの給付金の額は941,67€でした。日本円に換算すると、約12万2000円になります。

結構な額ですよね!

また、 Mutuelの会社にも約1万円の給付金をもらいました。

 

日本でも今では、妊娠検診補助券や出産一時金がもらえてほとんど払わなくていいようになっていますが、それでも少なくないお金が必要で、家計がぎりぎりの人には厳しいです。

それだけでなく、出産時の入院のために大きい額の前金を払わなければいけないのも大きな負担です。

 

それに対しフランスでは、入院に際し、個室の場合は少し払わなければいけませんが、これもミュチュエルによってはほぼ返金されるので、はじめからお金を払う必要がありません

私の場合は、6日の入院で個室代約45€(これ自体安いですよね!)でしたが、ミュチュエルの返金があったので、実際に払ったのは9€ほどでした。

 

私は毎月ミュチュエルに少なくないお金を払っているので、手放しに「フランスでは無料!」と言えるわけではないですが、フランスの妊娠・出産制度かなりが経済的に優しいのは確かです。

フランスで出産してよかったと思う理由② 無痛分娩

無料

フランスでは無痛分娩も社会保障で賄われますなんと、80%以上の人が無痛分娩を選択しています。

日本では無痛分娩の危険性が問題にされていたり、おなかを痛めて産まないといけないという偏見がある一方、フランスでは、多くの人が受けているために無痛分娩の経験や実績が積まれていて、安全面は心配する必要がないし、無痛分娩は一般的なことなので、人の目を気にせずに自分の出産の仕方を選択することができます。

そしてもちろん、お金がかかるから、と無痛分娩を諦める必要もありません。

無痛分娩の利点

日本では“痛みを取るための無痛分娩”は批判されがちですが、痛みをとるということの裏に様々な利点があります

私が実際に無痛分娩を選んで感じたことは、分娩に落ち着いて挑めるので会陰の損傷も防ぎやすく、スムーズなお産がしやすいということと、痛みの我慢に体力を奪われないので出産後に比較的楽で、産後の体力回復も早いということ。

無痛分娩では、痛みがなくても赤ちゃんが押している感覚やお腹が張る感覚が分かるように麻酔の量を調整するので、分娩を待つときも陣痛に苦しまずにリラックスしながら適切な呼吸をし、出産をスムーズにすることができます。

また、会陰が損傷しないようにちょっとずつ正確なタイミングで調整しながらいきむことができるので、出産の際に傷ができても最小限にできる可能性が増えます。

 

フランスでは、出産できる病院は基本的に総合病院で、日本の産院のような豪華で手取り足取り面倒をみてくれるサービスはないので、出産直後に少し休憩、なんてことはできません。

また里帰り出産という習慣もなく、育児休暇は2か月半で終わります。

 そんな環境で、無痛分娩は多くのフランス人に選択されています。

 

フランスの病院についての体験もまとめてあります。

出産!無料で快適、【食事もおいしい】フランスの病院をレポート!

こんにちは!マーモットです。   無事に赤ちゃんを産んできました!   妊娠5か月で渡仏して、すぐに大学に通い始め、産む直前にアパートを見つけて引っ越し!とバタバタでしたが、どうに ...

続きを見る

フランスで出産してよかったと思う理由③ 安心の医療体制

先にも言ったとおり、フランスでは基本的に総合病院でしか出産できないため、出産時に緊急事態が発生しても大体の場合はすぐ対応できるし、麻酔科、産科、助産師が皆連携して過不足ない医療チームを組むことができます。

 

また、エコー検査も、問題がなければ3回しか受けられない代わりにとても細かく時間をかけて(少なくとも30分以上はあった気がする)観察してもらいます。

 日本のように赤ちゃんの観察を楽しむような要素はなく、全ての器官のサイズを図りながら、正常に成長しているかの確認をとても真剣にしてくれます。

フランスで出産してよかったと思う④ 産前産後の万全なサポート体制

全7回・無料の母親学級(両親学級)

産前は母親(両親)学級全7回無料で行われ、体に負担のすくない出産の仕方を筋肉や骨の模型や図を使いながら解剖学的に教えもらったり、日本ではまだ一般的じゃないソフロロジー呼吸法や、プールで行う出産準備などの豪華な選択肢があります。

 

母親(両親)学級についての詳しい記事はこちらからどうぞ

役に立つ!フランス母親学級(両親学級)をレポート

こんにちは!マーモットです。   フランスでは、出産前に全7回の母親(両親)学級を受けることができます。(両親)と書いたのは、フランスでは男の人も参加することがよくあるからです。 社会保障( ...

続きを見る

 

ソフロロジーを紹介している本もありますよ。

全10回・無料のペリネ(骨盤底筋群)のリハビリ

産後は10回にわたるペリネ(骨盤底筋群)のリハビリが、助産師さんか運動療法士とほぼマンツーマンででき、これも無料です。

このリハビリで、緩んだ膣を引き締め下がった内臓を上に戻すことで、尿漏れや産後太りを防ぎ産後の体の回復を早めることができます。

よく産後1か月はできるだけ横になって過ごせと言われるのは、出産によって下に向かうようになってしまった腹圧を戻すためなのですが、このリハビリでは膣を引き上げながら、その腹圧を正常に戻す作業を積極的にします。

 

ペリネのリハビリについての詳しい記事はこちら

とっても満足!フランス産後のペリネのリハビリ

こんにちは!マーモットです。   フランスは、妊娠・出産に関しての環境が充実しているので有名な国。 今回は、そんなフランスの産後サポート制度の一つ、ペリネのリハビリについて、私の体験をもとに ...

続きを見る

 

また、退院後すぐに助産師さんや乳児専門の看護師さんが家に訪問してくれるサービスもあります。

フランスで出産してよかったと思う⑤ 周りの人々

フランスでは、赤ちゃんの誕生は皆に祝福され、赤ちゃんは愛されます。

 

日本でもどこの国でも同じだと思われるかもしれませんが、フランスの人々には心から赤ちゃんの誕生を祝福する気持ちが備わっているように見えます。

どこへ行っても必ず赤ちゃんは声を掛けられ可愛がられ、優先してもらいます。

 

日本では「赤ちゃんがいたら迷惑をかける」、と思わなければいけなかったり、赤ちゃんがいても譲られることが多くなく、遠慮や無関心からかそれほど声もかけられません。

一方、フランスでは社会で赤ちゃんを見守り育てるような雰囲気が。

 

妊娠中も同様で、フランスではすごく優先的に扱われ、人々に優しくされます。公共交通機関で悩むことも、肩身の狭い思いをすることもありません。

 

 

このように、フランスは制度的にも社会的にも妊婦と赤ちゃんに優しい国で、身体的にも精神的にも比較的楽に妊娠出産をし、赤ちゃんを育てることが可能な環境が揃っていると思います。

フランスで産もうと考えている人、産む予定の人は安心してくださいね!

 

 

こんな本も出ているので、ぜひ参考にしてみてください。

-フランス妊娠出産
-, , ,

Copyright© マーモット日和 , 2021 All Rights Reserved.