フランス妊娠出産

【垂れ防止!】マタニティーブラの選び方・筆者おすすめも

スポンサーリンク

こんにちは!マーモットです。

  • 妊娠したらマタニティーブラは必要?
  • マタニティーブラにはどんな種類があるの?
  • どんなタイプのブラがいいの?

 

こんな疑問に、二度の妊娠・出産を経験し、胸へのコンプレックスから自称「ブラ博士」と呼べるほど、ブラにこだわり真剣に向き合ってきた筆者が答えていきたいと思います。

 

買ってよかった・必要なかったマタニティーグッズについてはこちらから

マタニティー服必要だったもの・要らなかったもの

こんにちは!マーモットです。 ・マタニティーグッズ、何が必要かいまいち分からない ・妊娠中しか使わないから無駄に買いたくない ・マタニティー服ってダサいのばかりで... こんな悩みをもつ方に向けて、二 ...

続きを見る

 

妊娠したらマタニティーブラはマスト!

 

胸の形は、妊娠初期からホルモンの影響で変化し始めます。そして、妊娠が進むにつれて母乳の準備のために胸がどんどん大きくなっていき、赤ちゃんが誕生して母乳育児を始めたときにピークに達します。

 

私の場合、若かったのもあるのですが、妊娠するまではきれいなボール型の張った胸でした。しかし、妊娠した直後からサイズアップし、そこまではまあいいのですが、柔らかくなり重くなり下垂気味になってきてました...

妊娠初期から胸の形が崩れてきたのです!(゚Д゚;)

 

だから、「胸が大きくなった♪」ではなく、妊娠初期から胸のことを気をにする必要があるのです。普段使っているブラでは胸のサイズ変化に対応できないため、妊娠したら早いうちに妊娠用ブラを買いに行った方がいいです!(胸のサイズアップが始まるのは妊娠2,3か月頃なので、そのころからマタニティーブラに変えるのがおすすめ)

そうしないと、妊娠・出産を機に垂れ一直線ということに(゚Д゚;)

 

マタニティーブラの種類

 

一般的に産前産後兼用で、妊娠中・授乳期どちらにも使える

一般的にマタニティーブラには、妊娠中も産後の授乳にも使える兼用になっています。

ワイヤー入り・なし

胸が垂れるのをできるだけ阻止したい

という方にはワイヤー入りタイプ。

ワイヤーが苦手、胸の垂れとかあまり気にしないからとりあえず楽なのがいい

という方にはノンワイヤータイプ。

 

 という感じに選べます。

上からかぶるタイプも

上からすっぽりかぶるタイプのブラは、下の写真のようなものです。

筆者はどちらのタイプも持っていますが、このタイプのものは肩紐の長さが調整できないため、自分に合ったサイズのものを見つけるのが難しい、見つけても肩紐のゴムが緩んだら終わり、というデメリットがあり、個人的には好きではありません。

 


ANGELIEBEmaternity-犬印本舗 授乳ママのためのオーガニックコットンハーフトップ

【授乳ブラ】前開きタイプとカップを下げる(クロスオープン)タイプ

授乳ブラには大きく2種類、「前開き」タイプ「カップを下げる」タイプのものがあります。

 

「前開き」とは、下の写真のように、カップ部分にボタンやホックがついていて、カップをパカッと開けて授乳を可能にするブラのことです。

 

H&M- MAMA ナーシングブラ 2枚セット

 

「カップを下げる」というのは、下の写真のようにカップをガバッと下に下げて授乳を可能にするタイプのこと。

 通称「クロスオープン」と言うらしいです。

 


犬印ー超らくちん 授乳ママのための モールド ブラ (産前・産後)

私がおすすめするマタニティーブラ

 

ここからは、2回の妊娠・出産を経験した私が個人的にお勧めするマタニティーブラのタイプ、具体的な商品を紹介していきたいと思います。

がっちりホールドするワイヤー入りがおすすめ

胸のボリュームがピークの産後直後は重さもすごいです。

私も、「ホルスタイン!」と思わず言ってしまうほど(どんなほどやねん!というツッコミはご了承ください(;^ω^))牛な感じになりました(泣)

 

そんな重くて大きい胸は気を付けないと簡単に垂れます。

なので、ワイヤー入りがおすすめです。

 

妊娠中はきついのに抵抗がある、体にストレスをかけたくないからワイヤー入りは...と思う方もいるかもしれません。

でも、マタニティーブラは妊娠中用に作られているのでワイヤー入りでも何の問題もないし、ストレスもありません。むしろ重くなった胸をしっかり支えてくれるので快適です。アンダーバスト調整のホックもたくさんあり、お腹が出てきても最後まで問題なく使えるようになっています

 

授乳ブラ?と目を疑うほどのおしゃれなものも存在します。

 こちらはワイヤー入りで、バストメイク機能あり。言うことなしですね!

CHOCOA

授乳ブラは前開きではなくカップを下げるタイプがおすすめ

筆者は前開きタイプ、カップを下げるタイプのどちらももっているのですが、断然後者のカップを下げるタイプのものがおすすめです。

前開きタイプのブラでは、毎回ホックやボタンをはずしてまたつけてという動作が必要ですが、カップを下げるタイプのブラでは、ガバっと下げてまたガバっと上げたらいいだけ。

産後の頻繁な授乳では、「どれたけ労力を減らすか」、と「ストレスフリー」が大事になってきます。

筆者おすすめの商品

私が店員さんと相談しながら真剣に探して見つけた、おすすめのブラはこちらです。

 

 
  • ワイヤー入り
  • 産前産後兼用
  • 着用したときにちゃんと支えてくれている感
  •  前開きタイプではなくカップを下げるタイプで毎回の授乳にとっても便利
  • デザインがおしゃれ←ここ意外に大事!
 

 なぜデザインが大事かというと、妊娠中はつわりとかマイナートラブルで結構つらく、出産後も過酷な新生児の育児でおしゃれもできない状態、とマタニティーライフは全然キラキラしておらず気持ちが暗くなることも多いですなので、おしゃれなものを身に着けて少しでも気分を上げるっていうことがかなり大事になってくるからです('ω')ノ)

それにしてもマタニティと言うと決まったようにダサいのばっかりなのは何なのでしょうか...まるで赤ちゃんを育てる母親は、雰囲気まで赤ちゃんっぽくして育児にコミットしなければいけない、と暗示しているような呪い。

 

さて、お値段の方は、ワコールで少し張りますが、5000円せずに妊娠中・授乳中計約2年間(人によりますが)活躍する、と考えたら悪くはないと思います。

 

ちなみに、産後にも何度か、もっと快適でよく支えてくれる授乳ブラがないか探してみたのですが、これに勝るものにはまだ出会ってません

筆者が住んでいる、結構質の高いブラが手に入るフランスでも、残念ながら見つかりませんでした...

 

 ちなみに、私がフランスで行った運命のブラ探しの旅、おすすめランジェリーブランドランキングはこちらで紹介しています!

機能性もデザインも抜群!フランスのランジェリーブランド5つ

こんにちは!マーモットです。   私の胸は普段D~Eカップという大きめなのに対して体は超小柄! なので、カップサイズをちょうど良くするとブラ紐やアンダーバスト部分が大きすぎる、という事態にな ...

続きを見る

 

 

いかがでしたか?

筆者自身が悩んで迷って経験してきたマタニティーブラ事情、少しでも役に立てたら嬉しいです。自分に合った快適なブラと一緒に、できるだけストレスフリーなマタニティーライフ、赤ちゃんとの生活が送れますように!

 

 

 

-フランス妊娠出産
-

Copyright© マーモット日和 , 2021 All Rights Reserved.