フランス語学習

【実体験】外国人の恋人を作ると語学が上達するのは本当か

スポンサーリンク

 

こんにちは!マーモットです。

 

外国語ペラペラ話せるようになりたい!と考えている方、

「外国語を勉強するには、外国人の恋人を作ることが一番だ!」とよく聞きますよね。

 

そこで今回は、その「ウワサ」が本当なのかどうか、私達カップルの場合から検証していきたいと思います!

 

外国人の恋人は良き外国語の先生?

私の場合、YesとNoどっちもです。

 

確かに、辞書で調べても分からない表現、文法、ニュアンスがあるときにすぐ質問して解決できることがあります。

 

しかーしっ!、

だいたいが喧嘩になるんです。

 

特に文法の質問をするとき、私は外国人向けのフランス語の授業で習った考え方で夫に質問します。でも、ネイティブの夫は感覚でしかフランス語を知らないので、私のシステマティックな文法の考え方は理解できず、私のつまずいていることをまず分かってくれません。

いや、落ち着いて聞いてくれたら分かってくれるのですが、お互いヒートアップして無理なんですよね...

で毎回、「おれはおまえの習った文法は知らないから教えられない。おれにとってはこれはこれ、それだけだけだから。」と言われて終わりです。(撃沈...)

 

外国人の恋人がいれば外国語を上達させやすい

確かに、外国人の恋人がいることは外国語を上達させるためのアドバンテージになります。

理由1 外国語勉強のモチベーションになる

なんとなく外国語を勉強していても集中的にはしにくいですよね。

私も英語の勉強ではそうでした。頑張ろう!と思っても継続的にできず、勉強ペースが落ちていって知らないうちに(しかも短期間で)消滅するんです...

 

でも、フランス語は別でした。

大学でフランス語を習い始めたばかりのまだフランス語初心者だった時に、日本で今の夫に出会いました。

いつもフランス人のパートナーが横にいたから毎日多かれ少なかれフランス語を意識させられてモチベーションになり、ずーっと何かしらフランス語の単語や表現を覚えたり勉強していました。

そして日本にいながら周りの学生よりだいぶ早いペースでフランス語を習得していくことができ、フランスに留学しに来た時には言語的に苦労しないレベルになっていました。

 

理由2 単純に外国語に接する機会が増える

 パートナーと外国語オンリーで話したり、外国語と日本語ミックスで話す場合はもちろんですが、何もパートナーと外国語で話さなくても、必然的に外国語に接する機会は増えます。

例えば、パートナーが母国語で友達たちと話しているのを聞くことでリスニングになったり、色々な表現や言い回し、自然なイントネーションを覚えられます。また、パートナーの友達とコミュニケーションを取る時は、日本にいながらも外国語で、ということも多いです。

 

私は夫と日本で出会ったのもあり、習慣的に日本語で話すことが多いのですが、夫の話を盗み聞きすることで日々勉強しています。で、これが結構効果的です。(盗み聞きは嫌だという方ももちろん多いと思うので、支障のない方法で聞いてみましょう。)

 

最終的には外国語を上達させたいという強い意志があるかどうか

 外国語を上達させたい!という強い意志がある場合は、外国人の恋人がいれば大きなアドバンテージになりますが、結局は人によります。

 

まず、恋人の国の言語を(本気で)勉強する気がなければ、もしくは日本語でだけでコミュニケーションをすることに満足していれば、ほぼ外国語能力は伸びません。

日本に住んでいて相手のフランス人が日本語ペラペラなので、フランス語を(すずめの涙レベルで)勉強してはいるけど全然できない、という知り合いもいます。

 

また外国語を上達させたいという意志が十分あっても、恋人を分からないことを質問するための先生として利用しているだけでは伸びません。

質問しても私達の場合のようにイラッとして喧嘩になるカップルもいるし、大切なことはむしろ、様々なことから貪欲に学んでいく姿勢と、終わりなくずっと勉強を続けていくモチベーションだからです。

 

-フランス語学習
-

Copyright© マーモット日和 , 2021 All Rights Reserved.