フランス生活

面白い番組がないフランスでまあまあ楽しめるテレビ番組を紹介!

スポンサーリンク

 

こんにちは!マーモットです。

 

フランスを含めて海外では一般的に、日本のようなバラエティー番組やバカげた面白いテレビ番組がないのでつまらないですよね

フランスでは娯楽番組と言えばクイズ番組、コメディー番組が多く、ジャンルの種類が少ないです。

 

そこで今回は、面白い番組が少ないフランスでまあまあ面白い、楽しんで見れる番組を紹介したいと思います!

暇で何もやる気がしないときには、フランス語の勉強がてらにぼーっとテレビを見てみてください。

 

コメディ番組 「Scène de ménage」チャンネル:M6 , 平日 20:30~21:00

 

Scène de ménageはフランス語で夫婦喧嘩という意味。

 

ショートストーリー仕立てで、複数 のカップル (それぞれのカップルは全然関係ない)の面白いやり取りが次々と見れます。

ちなみに番組名は夫婦喧嘩ですが、喧嘩だけではなく、日常のあるある!という場面や、それぞれのキャラクターを生かしたカップル間の笑えるやり取りなど様々な場面があります。

 

 またこの番組は、教科書で習わない、でも日常的なこなれたフランス語表現を覚えるのにも役立ちます。

Scène de ménage 登場人物

カップル1 Raymond, Huguette(レイモン、ユゲット)

80代の夫婦。

退職後暇をしている夫婦は、面白おかしく互いの悪口を言ったり、隣人や友達、家族へちょっかいかけたりふざけたりかなり自由に楽しんでいます。

カップル2  José, Liliane(ジョゼ、リリアンヌ)

50代の夫婦

ジョゼは、抜けていて、よく変なことを考え、変なタイミングに変な疑問を口に出すスペイン出身の夫。 最近町の市長さんになりました。


妻のリリアンヌは、 そんな抜けていてだらしない夫ジョゼにあきれて、でも二人の恋の炎を再び燃やそうとさまざまな(ださい)仮装をしたり試行錯誤をしています。

中国に働きに行った一人息子と離れて寂しがっていたり、落ち込むことも多いけれど、ぱっとしない夫の代わりに市長の仕事を厳しくバリバリこなす一面も。高いキーキー声が特徴です。

カップル3 Fabien, Emma(ファビアン、エマ)

30代のカップル。

ファビアンは歴史地理学の先生で、不器用でとても怖がりで繊細な心の持ち主。

一方、 エマはホームセンターで働く、日曜大工が趣味の、大胆で細かいことを気にしない男前な性格。勉強嫌いで、ファビアンと違い読書も嫌い。

その対象的な二人のやり取りが笑いを誘います

カップル4 Philippe, Camille(フィリップ、カミーユ)

50代と30代前半の年の差カップル

フィリップは薬局で働くお金持ちで、いつもお金のことを考えている50代。離婚して前の妻との間に2人の子供がいます。そのうちの1人はお父さんのお金を当てにして、将来のこともあまり考えず生きています。

カミーユはヨガの先生で、あっけらかんと明るく、表裏がなく素直で天然な性格の持ち主。太って毛深くダイエットに苦労しているフィリップと対象的に、ヨガの先生のカミーユは細くて綺麗です。

そんな性格も見た目も対照的な二人のやり取りは微笑ましく面白く、ドラマでよくありそうなお金目当ての歳の差婚とは全然違う雰囲気のものです。

カップル5 Léo, Leslie(レオ、レスリ)

最近新しく番組に出演し始めたカップル。20代。

二人でTシャツの会社を運営しています。

レオはまともな良い家で育ち、レスリは父を知らず、自由で変わった母に育てられた、という典型的な生い立ちの違いが二人のやり取りでよく出てきます。

単純に怒るレスリが可愛くて面白いです。

「Chasseurs d'appart」チャンネル:M6、平日18:40~19:45

住まい探し番組。

毎日3人の不動産屋さんが客の要望に合わせて家やアパートを紹介して、客に選ばれた不動産屋がポイントを獲得、これを1週間続けて合計ポイントを競います。

田舎からリヨン、ボルドー、パリなどの大都市まで様々な特徴の街で行うので、街による家賃相場、家の広さや建築スタイルの違いが知れます

でも醍醐味は単純にスタイリッシュでおしゃれな家や伝統的な家などを見ることです。将来フランスで家を買いたいな、という人は相場を知るととともに想像を膨らませることもできます。

 

 家の番組が好きな人には面白いと思います!

 

クイズ番組「Tout le monde veut prendre sa place」チャンネル: France 2、11:55~12:47

一般の人が参加するお昼のクイズ番組。日本で言うとアタック25のようなものでしょうか。

 

娯楽番組としてフランスではクイズ番組が多いですが、この番組は一般教養の中から問題が出題されるので答えられる質問も多く、司会者がおしゃべりで面白く番組の雰囲気もいいので、個人的にはクイズ番組の中ではこれが一番好きです。

 

 

いかがでしたか?

今回紹介したのはレギュラー番組ですが、他にもルーブル美術館についてのスペシャル番組、ルポルタージュ、各種映画など特別番組はほぼ毎日あるので、そういうのも見てみると興味深かったり面白いですよ。

 

皆さんもつまらない、と思いがちなフランスのテレビぜひ挑戦していってみてくださいね!

 

-フランス生活
-

Copyright© マーモット日和 , 2021 All Rights Reserved.