生活場面別フランス語

フランス語電話 役立つ表現・会話の進み方

スポンサーリンク

こんにちは!マーモットです。

 

外国語を勉強している方にとって一つ目の難関、電話

電話をするときは直接話すときと違って、聞きにくかったり、相手の表情が見えないので緊張したり焦ったりしますよね。

数をこなしたら慣れていくことができますが、最初からよく使う決まり文句やフレーズをそのまま覚えることが、まずは大切です。

 

これはどう言うのだろう?と自分で考えながら言っても不自然な文になってしまって理解されにくいことがあるし、決まり文句を活用することで最初のうちからだいぶ楽になり、 電話越しの会話を円滑にすることができるからです。

 

そこで今回は、フランス語の電話でよく使う決まり文句・表現を紹介していきたいと思います!

 

機関への電話の会話の進み方と必須の表現

友達や知り合いへの電話ではなく、特にどこかの機関や店に電話をするときに役立つような表現を解説をしていきます。

 

まず、電話をかけるとき次の4つのステップが基本です。

  1. 挨拶・自分の名前
  2. 用件
  3. 相手とやり取り
  4. お礼・挨拶

 

1.  例えば Bonjours(Bonsoir), Taro Tanaka

 

2.1の挨拶の後に簡潔に用件を伝えます。

「Ça sera pour 動詞の原形/名詞」(~の用件です)、もしくは「Je (vous) appelle au sujet de 名詞」(~について電話をかけています)というフレーズがよく使われます。

 

「Ça sera pour 動詞の原形」の表現は

医者に予約を取るとき 
 Ça sera pour prendre un rendez-vous avec le Docteur ~ 
 ~ドクターと予約をしたいのですが

レストランで席を予約するとき 

Ça sera pour réserver une table pour 時(ce soir, demain soir, le 2 mai vendredi など)
 いついつに1テーブル予約したいのですが

のように使います。

 

「au sujet de」の表現は

Je vous appelle au sujet de l'attestation que je vous avais demandée il y a 3 jours,
je l'ai toujours pas reçue... 
3日前に申請した証明書について電話させてもらっているのですが、
まだ受け取ってないのです...

のようにフレーズを作れます。

 

3.1,2のステップが終われば、あとは電話先の人の質問に答えてやりとりをします。

 

4.そして最後にもちろん、Merci (beaucoup), bonne journée 等のようにお礼と別れの挨拶が必須です。

その他よく使う表現

自分が言う

  • Est-ce~(Est-ce que c'est~) ? 電話先を確認するとき ~ですか?

    例:Est-ce la maternité de l'hôpital~ ~病院の産科ですか?

  • Pouvez vous me passer à~ (Est-ce que vous pouvez me passer à~) ? ~に代わってくれますか?

 「passer A à B」AをBに取り次ぐ

 

  • Je vous rappellerai plus tard 後でかけ直します。
  • Mon numero de téléphone est le ~ 私の電話番号は~です
  • Je serai disponible/Ça me convient/Ça m'arrange (予約の日時の提案に対して)都合がいいです。
  • Ça sera(va être) difficile pour moi 予約の日時の提案に対して)それは難しそうです。
  • Je n'ai pas entendu la sonnerie 電話が聞こえませんでした

電話先から言われる

  • Ne quittez pas/Ne raccrochez pas 電話を切らないでください。
  • Ça serait pour quand(予約の日時の希望を聞いて)いつの予定ですか?
  • Pour combien de personne ? 何人の予約ですか?
  • Je vous le passe 彼に代わります。

ありがちなシチュエーション

Ça sera pour la confirmation des horaires (de l'heure) du rendez-vous.

(予約の時間を忘れたとき)予約の時間を確かめたいのですが。

細かいところ、丁寧さ

 

Ça sera pourやÇa sera difficile pour moiのêtreの活用形は丁寧さによって変化しますが、現在形よりも丁寧な単純未来形(時に前未来)を使うのが無難です。

つまり、C'est pour~, C'est difficileと現在形で断定するよりも、例文のようにÇa sera pour, Ça sera(va être) difficile pour moiとした方がいいのです。

 

ちなみに、条件法(Ça sera→Ça serait )だと未来形よりもさらに婉曲的ですが、一般的にそこまでする必要はありません。フランス語はもちろん日本語ほど敬語にシビアではありませんが、失礼がないようにマナーとして丁寧な表現を使うように心がけましょう。

 

 

よく使われる表現で特別に覚えておいたほうがいいものはそんなに多くありません。

それにもし他の表現が使われても、言い方が少し変わっただけの似たようなものなので大体理解できますよ!

 

これだけの表現を覚えれば、フランス語での電話に慣れていない時にすごく助けてくれるはずなので、ぜひリラックスしてチャレンジしてみてくださいね!

-生活場面別フランス語
-

Copyright© マーモット日和 , 2021 All Rights Reserved.