フランス妊娠出産

フランス子宮内避妊器具の種類、つけ方、副作用、効果は?Stérilet au cuivre(銅付加IUD)の詳細

スポンサーリンク

こんにちは!マーモットです。

 

最近どんどん評価されるようになってきている子宮内避妊器具(日本ではIUDやミレーナと呼ばれているもの)。今回はその避妊方法について、フランスで実際に使ってみた体験から、以下のことを紹介していきたいと思います。

(stérilet au cuivre(銅付加IUD)という方を試したので、そちらの方を詳しく書いていきます。)

・子宮内避妊器具の種類は?
・効果はどれくらいある?効果がある期間は?
・費用は?
・装着、取り出しはどこでどうやってするの?痛くない?
・IUDの快適さは?不正出血などの副作用はない?

子宮内避妊器具(フランス語Stérilet)の種類は?

stérilet au cuivre(銅付加IUD) とstérilet hormonal (ミレーナ)

フランスで一般的な子宮内避妊器具(stérilet)は

  • stérilet au cuivre(銅付加IUD)
  • stérilet hormonal(ミレーナ)

の2種類です。

stérilet au cuivre(銅付加IUD) とstérilet hormonal (ミレーナ)の違い

stérilet au cuivre(銅付加IUD)とstérilet hormonal(ミレーナ)の違いを以下の3つ点から解説します。

①避妊効果を出す作用の違い。

  • stérilet au cuivre(銅付加IUD)は銅イオンによって精子の運動を防げ着床を防ぐ。
  • stérilet hormonal(ミレーナ)は黄体ホルモンによって子宮内膜を変化させ妊娠しにくくする。

②避妊効果の違い。

  • stérilet au cuivre(銅付加IUD)は黄体ホルモンが付加されていないので、避妊効果はstérilet hormonal(ミレーナ)に比べて低め。

③生理や出血との関係性の違い。

  • Stérilet hormonal(ミレーナ)は黄体ホルモンが作用して生理が完全かほとんどなくなるが、不正出血が多くなる。
  • stérilet au cuivre(銅付加IUD)では生理の期間が長くなり、生理時の出血量も多くなる。

stérilet au cuivre(銅付加IUD)の体験

生理がなくなってほしかったのでstérilet hormonal(ミレーナ)にしようかなと思ったのですが、助産師さんに「生理がなくなる分たまに不正出血でドバーっとでることがある(゚Д゚;)」と言われ、それが嫌で私はstérilet au cuivre(銅付加IUD)を選びました。

stérilet au cuivre(銅付加IUD)の効果は?

stérilet au cuivre(銅付加IUD)は一度挿入したら5年間効果があります。stérilet hormonal(ミレーナ)もです。

ピルのように飲み忘れもなく一度付けたら安泰…のはずですが、

 

→妊娠しました!Σ(゚Д゚) それも装着して半年たたずに。

 

一度挿入したら終わり、ではなくて、装置が動いていないか問題は起きていないかを調べるために、装着後1か月、1年後に検査があります。

私も検査をして問題なしでしたが、なぜか妊娠しましたね~。(なんでや!)

まあでも、先ほど言及したように、stérilet au cuivre(銅付加IUD)はstérilet hormonal(ミレーナ)より避妊効果が低いのです。なぜか私と同じようにそれで妊娠したという人が周りでもちらほらいて(bébé stérilet なんて言っていました)、そこまで珍しくはない感じでした( ;∀;)

でも、公式には1年間に1000人中8人が妊娠する、という確率です。十分避妊効果は高いはずなんですけどね…

ちなみにstérilet hormonal(ミレーナ)の避妊効果はピルよりも高くなり、一度つければもっと安全安泰です。

stérilet au cuivre(銅付加IUD)の費用は?

フランスでは無料です。セキュ(社会保障、セキュリテソシアル)が適用されます。

ほとんどの避妊法が無料なので、stérilet hormonal(ミレーナ)を含めて子宮内避妊器具ももちろん全て無料です。装着にかかる健診ももちろん無料。なので、何か問題があったら取り除いて他のを試して、と費用を気にせずできるので安心ですね!

stérilet au cuivre(銅付加IUD)の装着取り出しは?

脱装着はどこで?

子宮内避妊器具の装着取り出しは、婦人科医(Gynécologue)か、助産師(sage-femme)にしてもらえます。

ちなみに、器具は処方箋をもらって自分で薬局に取りに行きます。

自分は、装着は開業助産師さんに、取り出すのは妊娠をしたときに総合病院でしてもらいました。

脱装着にかかる時間、痛み、出血は?

装着も取り出しも一瞬です。装着は少し痛かっただけで、取り出すときはほとんど何も感じませんでした。

装着するときの痛みは、出産したばかりのときの方が、子宮が固く閉まっていなくて弱いらしいです。出産後数か月で装着した私は、あまり痛みを感じなかったということです。

なので、痛みは装着の時期によって違ったり、個人差が出てきます。

また装着後は数日間出血が続くのでナプキンが必要になります。一方、取り出した後はほとんど出血がありませんでした。

stérilet au cuivre(銅付加IUD)の快適さは?

stérilet au cuivre(銅付加IUD)の快適さですが、全然快適ではありませんでした(泣)

不正出血もあり、生理中の血の量もすごく増え、生理期間も普段1週間なのが、9日くらいになり、しまいにはいつも血があるんちゃう?という気になるほどでした(泣)

さらにそれだけではなく、副作用でおりものも増え、生理痛も重くなり、と快適とはほど遠い使い心地でしたね…

 

ということで、避妊効果が高い!ピルのように毎日飲まなくていいから楽!欧米では主流!などと日本でも最近人気になってきている子宮内避妊器具ですが、stérilet hormonal(ミレーナ)を含め、自分はもうないかな…と思っています。

-フランス妊娠出産
-

Copyright© マーモット日和 , 2021 All Rights Reserved.